発達障害の考察

発達障害の【完璧な治療】を目的にしても仕方ないと思う。治療の選択肢も解説

更新日:

 

ASD(自閉症やアスペルガーの総称)完全に定型発達と同じになるのは難しい

(脳の発達が途中の、幼少期なら、大幅な改善は可能。幼少期なら、完全な治癒も可能かもしれない。

詳細はこちらの記事)

 

なので、治療を目的にしても仕方ない

 

ASDは手段の目的化が起こりやすいけど、治療を目的にしても仕方ないと思う。

「主観と客観の乖離」が一番の症状だけど、客観で変ではないかどうか、を目的に生きても仕方ないと思う。

 

主観の問題を減らしつつ、治療が現在の自分にとって、負担にならないこと(デメリットよりメリットが大きいこと)をするしかないと思う。

 

治療の選択肢

私が実践中

・認知行動療法

・栄養補充

・環境調整(障害者手帳の取得もあり)

 

実践してないけど効果があると知ってること

・腸内フローラ移植

 

効果は不明だけど、そういった治療があると知ってること

・ビジョントレーニング

・レーザー治療

・サウンドセラピー

など

 

ビジョントレーニングとは、「発達障害がある人は立体視が弱いので、立体視ができる目の訓練をしたり、メガネをかけましょう」というもの。

レーザー治療はレーザーで色々な病気を治療する、サウンドセラピーは音で脳の再配線を行うもの。

(この2つを詳しく知りたい方は参考文献を読んでみてほしい)

 

何十万円、何百万円かかる治療だとか、治療が負担を増やしてストレスになるようなことは、逆効果だと思う

 

負担にならない治療をして(私の場合は、認知行動療法や栄養補充)、

主観での問題を減らして、合う環境を選んで

主観で楽しく生きられる状況を増やして、主観で楽しく生きていくしかない

と思う。

 

 

関連記事

ASD向けの認知行動療法こちら

ASDに必要な栄養補充についてこちら

 

 

参考文献

発達障害を含めた、脳の病気の最先端の治療がわかる本

(著者や登場する人はASD傾向の人がほとんど)

 

 

自閉症の男の子の症状が腸内フローラ移植で大幅に改善したという症例が載っている(他の腸内環境に関する本でも、よく見かける。色々な本に載っているが、個人的に信頼している医師を選んだ)

 



-発達障害の考察

Copyright© きょうのあさ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.