食生活

【日本製はコスパが悪い】サプリを買うならアイハーブで買うべき理由

更新日:

こんにちは、KYOです。

今日は、サプリを買うならアイハーブ一択だということについて、お伝えします。

 

ちなみに、私はアイハーブを本格的に使うようになって1年半ほど、総額50万円以上は買っていると思います。

(19.12月 追記。 現在も、毎月5万円ぐらいは、食品とサプリを購入しています。コスパ重視なので、これからもアイハーブのサプリとコスパの高いオーガニック製品を利用すると思います)

 

2019年12月時点で、以前は4000円以上で送料無料だったのが2000円以上で無料になり、ますます便利なショップになりました。

(どこかにしわ寄せは言っていると思いますが…消費者視点だけなら、便利で、使わないのは勿体ないショップです)

 

目次

日本のサプリを買わない理由

アイハーブで買う理由

おわりに

 

私が日本のサプリを買わない理由

まずは、私が日本のサプリを買わない理由から。

・高い

・質が悪い

・買い物をしていて見かける性差別表現イラつく

この3つが大きいですね。

早速見ていきましょう。

 

まずは、高い

日本のサプリは、量が少ないのに、高い、これに尽きます。

日本のサプリの基準値は厚生労働省の1日に必要な栄養の基準値を元に設定されています。

この基準値は「健康な人が健康を維持する最低限の量」です。

厚労省が設定する栄養の基準値で健康を維持できる人は少数派でしょう。

 

病気を治す、能力を上げるには、「健康な人が健康を維持する最低限の量」では足りません

だから、日本だと「サプリが効かない」と言われるのです。

最低限の量しか入っていないサプリだと効かなくて当然ですね。

サプリが効かないのではなく、量が少ない(加えて質が悪い場合もある)から効かないのです。

 

次に、質の悪さについて

日本のサプリの成分表を見ていたらわかりますが、添加物や糖分など、よくわからないものが主成分になっていたりします。

品質維持よりも広告費にお金をかけている会社が多いから、質が悪いのに高い、日本製のサプリが生まれるのかなと思います。

 

正直、日本では、質が悪い商品に広告費をかけて高い値段設定で売った方が儲かるでしょうし。

思考停止して、宣伝を鵜呑みにしたりランキングを鵜呑みにする人が多いですからね…

このブログにたどり着いたからには、そういった、思考停止人間は脱して欲しいな、と思いますが…。

 

ちなみに、自己否定的で思考停止していた頃に向いていない仕事ばかりしていて、コールセンターで働いていましたが、ファ◯ケルの商品も取り扱っていました。

コールセンターを利用するような会社、頻繁にCMをしている会社、テレビショッピングなどで出てくる会社は、

「広告費が商品代金に入っていて実際の質より高い」と認識する必要があります。

 

最後は、日本の文化や慣習(性差別表現)にイラつくから、という理由

日本は人権後進国で、性差別や男尊女卑が当たり前なので、商品ページでそういった表現を見聞きしてイライラするから、というのもあります。

(アメリカも性差別や男尊女卑が強いですが、まだ、日本よりかは多少マシなので、アイハーブを利用していてのイライラは日本のショップを見ている時よりかは少ないです)

日本のショップは、若い世代に物を売りたいなら、ポリティカルコレクトネスを意識した方がいいでしょうね。

上の世代は何とも思わない表現でも、若い世代は不快に思って、買わなくなることもあると思うので。

 

さて、ネガティブな部分にエネルギーを割きたくないので、買わない理由は、端的にしておきます。

例外として、日本製のものでも、コスパが悪く馬鹿高いけど質は良い、といったものはあると思います。

(また、ごく少数の、安くて質もそこそこな日本製商品もあると思いますが、

全体としてアメリカ製の方がコスパが良いので

アイハーブをオススメしています)

 

日本のサプリで一般に出回っているのは、質が悪いのに高い、コスパ最悪の商品が多いです。

(D◯Cとか、ファ◯ケルとか)

庶民が買うなら、日本製より安くて質が高い、アメリカ製のサプリ一択になると思います。

 

アイハーブで買う理由

本題の、アイハーブで買う理由は以下です。

・日本製と比べるとコスパが良い

・返金可能

・意外と早く届く

 

コスパが良い

日本製のコスパの悪さは上に書きましたが、アメリカはサプリ先進国だけあって、価格競争によって値段が抑えられています

加えて、日本の厚労省のような基準値ではないので、使われる量も多い

よって、

価格が安く、量も多い、日本製とは正反対のサプリが一般的になっています

 

返金可能ということ

これは慎重な私のような人間には嬉しいですね。

60日以内であれば、「商品の副作用」を含めた色々な理由で返金可能です。

アメリカから注文した場合、どうなのかは知りませんが、日本から注文した場合、返送もなく、クリック一つで返金できます

これは便利ですね。

 

このシステムを最近知ったのですが、このおかげで、「試して合わなければ返金すればいいや」と新しい商品を試すハードルが下がります

訴訟大国アメリカでは、消費者が有利なので、こういったシステムになっているのだと思います。

(訴訟大国で消費者が強すぎる、その賛否はおいておいて、使えるシステムは使った方が得です)

 

追記、

商品の配送ミスで頼んだものと違う商品が届いた場合も、返送なしでの返金が可能でした。

是非はおいておいて、アメリカは日本以上に資本主義でお客様至上主義だからなのかな、と思います。

日本語のカスタマーサービスもあるので、日本のショップと同じ以上に利用しやすいですし、返金などは日本のショップ以上に便利です。

 

追記2

前は、注文詳細から、何回でも返金できたが、今は返送しないと返金できない。(配送ミスなど、未開封の商品なら、違うかも。開封して使用して、副作用があった場合は、返送が必要になった)

返送なしで返金可が広まり、金に執着してる日本人が今までより返金するようになったから、かも(真相は不明)

 

私は返送が面倒だから、返金しないが、金に執着してる人は、前より慎重に買った方が良いと思う。

ただし、そうやって金に執着するから病気になり、サプリが必要になってる、と気付いた方が良いと思う。

 

 

意外と早く届く

こだわりの強さゆえ、ずっとヤマト運輸利用で注文していたのですが、少し前に佐川急便で注文したら3,4日で届いたので、それからは佐川で注文しています。(商品によっては、ヤマトしか選べない場合もあります)

 

中継される空港がどこか、ということで、どちらが早いかは変わってくると思いますが、私の場合は佐川の中継地の方が家に近い空港だったので、佐川の方が早く届くようでした。

アメリカから早くて3,4日で届くのは便利です。

どちらが早く届くか、その人によって違うと思うので、両方の会社で試してみると良いと思います。

 

終わりに

質の良いサプリとして、日本製の馬鹿高いものや、医療用サプリがあるとは思いますが、庶民がコスパを重視して買うなら、アイハーブが一番です。

(金に糸目をつけず質だけにこだわるなら、医療用サプリをお使いください)

 

アイハーブでは、医療用レベルに質が高い(その代わり値段もそれなりな)ものから、安くて質もイマイチなもの、その中間のもの…と選び放題です。

健康に興味がない人にまで、アイハーブを使え!とは言いませんが、

日本製サプリを買うお金と健康への関心があるのにアイハーブを使わないのは勿体ない

ですよ、と、お伝えしておきます。

 

是非、日本製の微々たる量とは違う、本当に効果のある量のサプリを試してみてください。

 

初回購入の際は、下記の紹介コードを使ってくださると、嬉しいです。(割引が適用されます)

紹介コード→LIG7145

アイハーブのトップページはこちら



-食生活

Copyright© きょうのあさ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.