運動

【リーキーガットに悪影響】プロテインは食べない方がよい【筋肉をつけたいならボーンブロス】

更新日:

 

久しぶりにプロテインを実験してみて、腸には悪影響だったので、

リーキーガットがある人はプロテインは避けた方が良いということを共有

 

プロテインを久しぶりに試したきっかけ

1ヶ月ほど前からボーンブロスを飲み始め、脳の使い方も変化させて、色々と良い習慣が増えている。

(栄養の安定&思考や脳の使い方の安定)

 

その結果、精神的にも安定していて、何事も6-8割で満足できるようになり、結果にこだわらなくなったので、色々と実験している。

プロテインは腸内環境に悪影響ということは理解しているが、グラスフェッドのプロテインなら大丈夫かな?と試してみた。

肉ばかり食べるのも飽きたので(笑

 

結果

結果的には、プロテインはNGで、タンパク質の摂取は肉やボーンブロスが良いということがわかった。

肉(毒素の少ない脂肪分以外)とボーンブロスでタンパク質を摂取している限り、精神はかなり安定しているので。

 

悪いもの(自分の腸に合わないもの)を食べると、翌日に水泡が出来る

プロテインは水泡が出来た。

精神的にも、摂取後の数時間後から、いつもより不安定だった。

(それでも、たとえ不調になっても、ボーンブロスやヨガを始める前より安定しているので、良い習慣の底上げ効果は大きい)

 

悪影響の可能性としては

・ホエイといえどカゼインが残っている

・グラスフェッドとうたっているが、環境ホルモンの害がある

・プロテインは消化に悪いから

など

 

今回はホエイプロテインだが、数ヶ月前にエンドウ豆プロテインでも水泡が出来た記憶があるので、リーキーガットがある人は、プロテイン全般は避けた方が良いと思う。

 

1年間、ずーっとグラスフェッドという信頼できそうな会社で値段もかなり高いプロテインを試してみたが、メリットよりデメリットが大きかった。

リーキーガットが無い人なら、デメリットよりメリットが大きいのかもしれない。

グラスフェッドやオーガニックではないプロテインは、リーキーガットの有無に関わらず、環境ホルモンや農薬の害が大きいので、オススメしない。

 

発達障害がある=リーキーガットがある

自分が病気と思っているかは別として、脳に凸凹がある人は、腸にも問題があり、リーキーガットがあるのでプロテインは避けた方が良い

 

リーキーガットのチェックリストはこちら

 

リーキーガットがあると消化不良で、ガリガリで食べても太れない、それゆえに痩せすぎがコンプレックスで、筋トレに夢中になる人も多い。(過去の私もそうだった)

筋トレも筋肉痛が炎症だし、プロテインは腸に悪影響だし、その方法が自分に合っているかどうか、考えた方が良いと思う。

 

筋肉はヨガで充分

筋肉はあったほうが良いのは確実なので、私はヨガとボーンブロスで筋肉をつけている。

ハードな筋トレなどしなくても、軽いヨガとボーンブロスで、筋肉は十分につく。

この1ヶ月ほど、1回あたり数分のヨガと、水分補給としてのボーンブロスで、筋肉が過去最高についてきた。

(ヨガも静的筋トレと言えるが、通常の筋トレほど体へのダメージが大きくない)

 

何十分も筋トレをして、プロテインやBCAAのサプリを摂っていた頃(17年冬〜18年春頃)より、筋肉がつく。

なので、

筋肉をつけたいなら軽い運動+ボーンブロスで充分

といえる。

筋トレブームも、ダイエットブームや、質の悪い健康食品に群がる人たちと同じ、搾取される側のものなのだな、と、理解した。

 

適度に筋肉をつけたいだけで、ビジネスや搾取に振り回されるのが嫌だという私のような人は、

軽い運動+ボーンブロスを試してみてほしい。

 

筋トレは自傷的な趣味

筋トレは筋肉のためというより、自傷的な趣味の一種だと思った方が良いと思う。

(過度のスポーツは体に悪いが、それをやっている人たちと同じ。

筋トレも過度のスポーツも、エンドルフィンなどの脳内麻薬で気持ち良い。

体にはストレスが大きい。)

 

筋トレや過度のスポーツは、体に悪いけど、趣味として楽しむのは、ありだと思う。

 

ストレスを減らしたいなら

私のように、幼少期の慢性炎症が原因で神経発達障害という脳の凸凹があり、これ以上、日常に炎症(ストレス)を増やしたく無いという人は

 

・筋肉痛になるようなことをやめる

・腸の炎症になるようなことをやめる(プロテインを含めた、腸に悪影響のものをやめる)

ことを意識した方が良いと思う。



-運動

Copyright© きょうのあさ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.