アスペルガー向け

【常識を疑う】人間関係が幸せなのは、定型発達のみ。少数派で似た人が少ないなら、人間関係はストレスになる

更新日:

 

「人間関係=幸福な生活に欠かせない」

「友達は多ければ多いほど良い」という価値観が一般的だが、それも

定型発達の視点からでは?と思うので、考察

 

結論として

友達は少なくても良い。友達が多い方が幸せなのは定型発達のみ

だと思う。

 

似た人が多いなら、人間関係は楽しい

似た人が多いなら、人間関係は分かり合えないストレスより、わかりあえる楽しさの方が多い

MBTIでいうFPFJという定型発達は多数派なので、人と関わっても、ストレスより楽しさが多いといえる

似た人が周りに多いから。

 

なので、定型発達は、友達が多いし、人と関わるのが好き

(ASDから見ると理解できないぐらい、何十人も友達がいて、常にラインでやり取りしてたりする)

※ASD=自閉症やアスペルガーを含む自閉スペクトラムの総称

 

合わない人との人間関係=ストレス

反対に、左脳人間(ASD)は似た人が少ない。

似てない人とのコミュニケーションはストレスでしかない。

向こうの言ってることがよくわからない、こっちの言うことが、伝わらない。

 

似た人が少なく、ランダムにコミュニケーションをとっていると、似ていない人とのコミュニケーションが多くなり、疲れる。

なので、ASDに関しては、コミュニケーションがストレスになる。

 

自覚して似た人とだけ関わっていたら、コミュニケーションのストレスは減らせるかも。

 

左脳人間はストライクゾーンが狭い

基本的に、TPTPとしか上手くいかないし、TJTJとしか上手くいかない。

発達障害がある同士でも、TPTJは対立していたりする。

私(TJ)も母(TP)と対立していたし、最後の職場でも、無自覚のTPTJがよく対立していた。

私の場合は、TJ同士なら話が通じてストレスが少なく、関わるならTJが一番だけど、数が少ない。

 

似てない人とわざわざ関わるのは、自傷的かも

私は、わざわざ似てない人と関わって、傷つくことが馬鹿らしいと思ったから、似てない人とわざわざ関わるのは、やめた

(日常生活や仕事では仕方なくても、自分で選べる人間関係で、わざわざ似てない人と関わるのはやめた)

 

私の場合、自分と正反対のFPタイプと関わると、色々と傷付く。

 

・向こうは言葉に敏感ではないから、否定的な発言に傷つく

(向こうに悪意はないのはわかっていても、優しい言い回しをしてほしいと感じる)

 

・向こうは体力があるから、向こうに合わせて遊ぶ場所を決めると、筋肉痛になったりする

(その後の数日間、筋肉痛というストレスでQOLが下がる)

 

向こうは言葉に敏感ではないから、私にとって地雷な、ネガティブな歌詞の曲をカラオケで入れてきたりして、精神的に不安定になったり

 

向こうは連想が強くないから、嫌な思い出がある場所に行きたくないというのが、わからない

などなど

 

相手は悪気なくやっているそれでもこちらが傷付く傷付いたことで衝突するというパターンを何十回も繰り返し、いい加減に学習した

 

会うたびに、心身にダメージを食らうことを繰り返して、いい加減に、諦めた方が良い、と気付いた。

合わない同士で上手くやろうとするのは、マゾ的な自傷行為だ、と。

 

人間関係のストレスは、全て、相性の問題

このブログで散々書いているが、

人は主観で似た人と上手くいく&似た人が好きなだけなので、脳が似ていない同士は上手くいかず、相手にモヤモヤしたりしやすい。

相手の問題ではなく、脳のタイプが合わないだけ、と理解したら、楽になると思う。

 

私はそれを知っていて、似ていない人(しかも正反対の人)と関わっていたが、いい加減、諦めた方が良いな、と気付いた。

努力すれば、上手くいくのではという幻想があったが、努力ではどうにもならない、埋められない溝があるな、と、ようやく気付いた。

 

相手にできないことを求めても仕方ない、相手が理解できないことを求めても仕方ない

脳が似ていない相手に、自分はこういうことが好き(嫌い)だから、こうしてほしい、と要求するのは、無茶だな、と。

 

ファミレスに行ってイタリアンじゃないことに怒ってたり、イタリアンに行って和食じゃないことに怒ってるのと同じ

もとから、引き出しに無いものを求めても仕方ない、そういうことにようやく気付いた。

 

言葉に気を使うとか、過去のトラウマを刺激しないように気を使うとか、体力が無い人に気を使うとか、できない人に求めても仕方ない。

そういうことをわざわざ説明しなくてもわかる、言葉に敏感で、連想が強く、体を動かすのもあまり好きでは無い、そういった、同じTJタイプと関われば良いのだな、と、気付いた。

 

似た人と付き合うのが、一番幸せ

人間は、わざわざ説明しなくても前提を共有できる、似た脳の人と関わるのが一番幸せである。

それは、周りを見ていても、当ブログのMBTIでの相性の考察を見ても、わかると思う。

 

高校生の頃に、数少ないTJの同性の友達と関わっていたが、他の人にはないコミュニケーションのスムーズさに感動していた。

反対に考えれば、定型発達は、大多数の人間と、そういったコミュニケーションのスムーズさを経験しているのである。

 

関わる人間の大多数が、ツーカーでわかりあえるなら、コミュニケーションや人間関係が好きになるのは当然だし、

ASDのように関わる人間の大多数が分かり合えないなら、コミュニケーションや人間関係が嫌いになるのも、当然である。

 

結論。

人間関係が無条件に楽しいのは定型発達のみ

なので、似た人が少ないASDにとっては、コミュニケーションはストレスになる場合が多いので、

人間関係は少ない方が良い、ということになる。

もしくは、徹底的に似た人とだけ関わるか

 

徹底的に似た人とだけ関わりたいという気持ちもわかるが、個人的には、人間関係に執着するのも疲れるので、人間関係以外で孤独を満たして、友達が何人であろうが、恋人がいようがいまいが、孤独を感じずに済むように、生活を設計しようと思った。

 

ASDの人向けのアドバイス

ASD人間関係を楽しみたいと言う人は、似た人が集まる場所に行った方が良いと思う。

人間関係が苦手な人も、自分のせいではなく、似た脳が少ないから、似ていない人たちとのコミュニケーションが難しいだけだ、と理解して、自分も周りも諦めたら、楽になると思う。

 

自分のせいでもなく、周りの定型発達が悪いわけでもなく、ただ、脳の違いで相性が悪いだけ。

それを理解したら、楽になると思う。



-アスペルガー向け

Copyright© きょうのあさ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.