生活習慣

【歯並びが悪い人は上咽頭炎に注意】鼻うがいや口呼吸防止が必要です

更新日:

 

こんにちは、KYOです。

 

今日は、日本人に多い歯並びの悪さやそれに付随する口呼吸の危険性、慢性上咽頭炎について、お伝えします。

 

慢性上咽頭炎とは

慢性上咽頭炎とは、鼻の奥の上咽頭という部分に慢性炎症があることです。

(詳しく知りたい方は参考文献を読んでください)

 

慢性上咽頭炎の原因は様々ですが、歯並びの悪さや口呼吸習慣も大きな原因として挙げられます。

 

歯並びが悪い口呼吸をしている鼻の奥に炎症がある(慢性上咽頭炎)

と言えます。

 

口呼吸をするから歯並びが悪くなるとも言えます(スポーツ選手にこういう人が多い)

 

上咽頭に炎症がある人は腸にも炎症があることがほとんどなので、腸の炎症が原因となる発達障害の症状がある人が多いです。

持っている遺伝子の違いだと思いますが、口呼吸をしていると見た目でわかる人は、ASDADHD傾向がある人が多いです。

 

(発達障害の原因は

リスク遺伝子+慢性炎症で、

重金属や咽頭炎や農薬、栄養不足や睡眠不足など、炎症に溢れた環境で育つ日本や韓国に発達障害が多い

主観でも、統計データでも)

 

症状、原因、対処法

上咽頭炎の症状として

・頭痛

・後鼻漏

・肩こり、首こり

・慢性咳嗽(咳喘息)

・咽頭違和感

・咽頭痛

・鼻閉

・慢性痰

などがあります。

 

口呼吸以外の悪化する原因として

・風邪の慢性化

・粉塵、タバコ、黄砂

HPVワクチンなど、特定のワクチン

・ストレス

・低気圧

・寒冷

などがあります。

 

対処として

・病院で治療する

・生理食塩水を鼻に入れる

・鼻うがいをする

・首の後ろに湯たんぽを当てる

・口呼吸防止のテープを使う

・舌の位置を変える

・歯磨きをしっかりする

などが挙げられます。

 

近くにBスポット治療」を行なっている病院がある人は、病院で治療してもらうのが確実で手っ取り早いかもしれません。

 
実施医療機関の情報はこちらを参考にしてください。

病院が嫌いだったり近くに治療している病院がない人は、自分で治せる方法をオススメします。

 

体験談と私が使う商品

私は歯並びが悪く(そもそも、歯が生まれつき足りない。発達障害に無自覚な母親の栄養障害のせいだと思う)

寝ている時に口呼吸をしていたので、寝起きに咽が痛いのが当たり前でした。

 

数ヶ月前から、鼻うがいや口呼吸防止テープを使うようになり、寝起きのスッキリ感、イライラの減少、認知機能の向上などを感じるようになりました。

 

気にしすぎるのがストレスなので、仮眠の際に口呼吸防止テープを無しで寝たりしますが、そうすると寝起きに咽が痛く、気分も優れません。

(炎症が増えているから、当然と言えます。咽の炎症を含め、炎症があるとセロトニンが不足したり必要な栄養が増えたり、良いことはありません)

 

気分の向上や認知機能の向上をしたい人は、上咽頭炎の治療を意識してみてください。

 

歯並びが悪かったり、口呼吸を自覚していたり、慢性的な鼻詰まりや咽の痛みがある人は、炎症があるのは確実です。

 

私が使う鼻うがいはこちら


 

口呼吸防止テープはこちら

参考文献に載っていましたが、コスト削減を重視するなら、優肌絆などのサージカルテープでも良いみたいです。

 

参考文献



-生活習慣

Copyright© きょうのあさ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.