発達障害の考察

Q・発達障害の一番のリスクは何か?→A・幼い頃の抗生物質や帝王切開による、腸内環境の悪化

更新日:

 

今日は、子供が発達障害になることを避けたいなら、腸内環境に気をつけることが大事、ということを書く

 

ASD(自閉症、アスペルガー)は自己免疫疾患の一種

ASDがあると(=リーキーガットがあると)皮膚の問題があったり、喘息やアレルギーがあったり、ALSになってたり、認知症になってたり、白血病になってたり

自己免疫疾患の一種だとわかってきたことで、こういった現象に納得がいく

 

発達障害の原因リーキーガット

 

簡単に説明すると

リーキーガットリーキーブレイン(脳の血液脳関門のバグ)慢性炎症による脳の神経発達のバグ(持っている遺伝子によって、どういうバグが起こるか変わるのかもしれない)

が、神経発達障害の原因である。

 

なので、発達障害がある人はリーキーガット対策で症状が軽減する

反対に考えれば、

リスク遺伝子を持っていても、リーキーガットを起こさなければ良い

と言える。

 

余談。

リスク遺伝子として第16染色体が関係しているみたい。

2016年の本では、「可能性がある」という記載だったが、調べると現時点では、関係しているということになっていた。

その本には、第16染色体が「自閉症、ALS、乳がん、白血病に関係している」と書かれていて、実際に、周りのASD(自閉症)は乳がんになっていたり、白血病になっていたりした。

ホーキングもASDALSになっていた。

 

「第16染色体」でググったら、神経発達障害の原因因子を解明という2016年の大阪大学のページが出てきた。

(どの程度の発見なのかはわからない。)

 

その後、「16p13.11微小重複」で調べていてわかったのは、この重複がASDADHDの発症に関連しているとのこと。

この遺伝子だけが原因、というわけではないのだろうけど。

 

冒頭に書いた本はこの研究の前に書かれてる。

この研究をしている人間もASD傾向がある人間なのだろうから、ASDだからといって問題視するのは変だと改めて感じる。

 

発達障害の治療も研究も、ASD傾向がある人間がやっているのがほとんどで、軽度の人間が重度の発達障害を病気扱いして、病気として治療したり研究しているのが不気味だと思う。

 

発達障害を防ぐには、腸内環境の安定

今までに書いたことと重複するが、重要なことなので、書く。

 

たとえリスク遺伝子を持っていても、リーキーガットにならなければ、発達障害にならないと言える。

リーキーガットを起こさないためには腸内環境の安定が必要。

 

悪化の原因として

・幼い頃の抗生物質

・帝王切開での出産

が特に大きい。

 

そのほか

・幼い頃のストレス(虐待やトラウマ)

・咽頭炎などの慢性炎症

なども、腸内環境悪化の原因になる。

 

私の母は帝王切開で、皮膚の問題があり、私は幼い頃に抗生物質を使用していて、皮膚の問題がある。

私の場合はその他にも、虐待・トラウマなどの影響や歯並びの悪さによる咽頭炎の影響もある。

 

母方の祖母、母、私とASDの人間に共通する皮膚の問題がある。

定型の父や妹には、その皮膚の問題はない。

 

母は栄養障害ゆえに足が変(変形している)、私は歯が生まれつき1本足りない。

妹も栄養障害の人に共通する見た目をしている。(でもASD遺伝子を持っていないからASDではない)

 

ASD=病気とは言わないが(病気=悪とすると、過去の科学の発展やテクノロジーの進化もなくなる。必要な脳タイプの1つである)

当人にしてみれば、神経発達障害は無い方が生きやすいと思うので、発症防止のための情報も書いている。

 

発症防止のためには、

腸内環境を悪化させない条件で子育てしつつ、良い菌に触れさせること

が必要

 

腸内環境の安定はこちらの記事を参考

 

この記事の内容について、更に詳しく知りたい人は、参考文献を参照

(もとは2016年の本、日本では2018年に発売されている)

 

 

 

追記。ASDは自己免疫疾患ということに関連する本

この記事を書いた後に読んだ本で、ASDは自己免疫疾患だということに関連する情報があった

 

 


寄生虫なき病

この本で紹介されている例でも、腸内環境の悪化(リーキーガット)→脳の症状という例がいくつもある。

抗生物質炎症(炎症性の腸疾患)統合失調症と診断腸疾患の治療で、統合失調症の症状も無くなる

という例、

自閉症と診断コムギ除去食自閉症が改善(腸の炎症が原因)

など。

 

このブログで書いているような内容の裏付けとなるので、興味がある人は読んでみたら良いと思う(プレミアがついているみたいなので、図書館などで借りて)

 

この本自体、ASD傾向がある著者が、寄生虫に感染するという方法で病気を治療して、それを本にした、というものだが。



-発達障害の考察

Copyright© きょうのあさ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.