発達障害の考察

Q・ASD(アスペルガー)の問題を端的に言うと?→A・認知機能の障害です

更新日:

 

このブログで、

当事者の視点から、「主観で問題がなければ、ASD=病気とは違う」

と言っています。

 

その考えは変わりませんが、無自覚の当事者と関わる立場から見れば、病気と言える部分もあると思うので、今日はその立場から、書きます。

 

当事者ではなく

周りの視点から見るとASD(自閉症やアスペルガーの総称)とは

「客観性の欠如が問題になりやすい認知機能障害」

と言えると思います。

 

 

認知機能障害の例

無自覚ASDの認知機能の特徴として、「事実を客観的に見えない」というのが大きいと思います。

主観と客観との差が大きい、と言えます。

 

それゆえ、

一方的に長時間喋っていて、周りから変な目で見られていても気づかない

(最後の職場にいたASD男性が特に顕著な例。13時間ほど、一方的に喋っていた)

 

子供に問題があっても気づかない

(認知機能が正常な親なら、子供が慢性疲労症候群のようになっていたり、異常に怖がりだったり、爪を噛む癖があったり、不登校になったり、強迫観念が強かったりすると、問題に気付く。

ASDの親は、それを問題だと思えない)

 

自分の言動や行動で周りが迷惑していても、それに気付かない。嫌な顔や変な顔をされていても、気付かない

(私の母、過去の私、最後の職場の無自覚ASDたち、など)

 

過去の問題/現在の問題を客観的に指摘しても、問題はなかった/ないと言ったりする

(客観的に見ることより、自分の主観を守ることを優先しているので、都合が悪いことは覚えていなかったり、指摘しても認めなかったりする)

 

自分がASDだと認めなかったりする

(程度が強いほど、自分=絶対に正しいという認知の偏りがあるので、自分が病気に当てはまると聞いても、認めようとしない)

 

などといった、認知の問題があります。

 

本人が主観で問題がなく、誰にも迷惑をかけていないなら病気とは違うと思いますが、

本人が主観で問題を感じていなくても、第三者が迷惑を被っているのなら、その第三者は本人に対して「病気だから仕方ない」と思った方が、楽かと思います。

 

その、第三者の「あの人は病気だから仕方ない」という視点を本人に押し付けなければ、良いのでは、と思います。

(病気だから治せとか、言動を変えろというのは、人権侵害にあたるので、違うと思います。

自分が気に入らない性格の人がいて、わざわざ「その性格を変えろ」と言わないのと同じです。

人種の違いのようなもので、嫌なら離れるしかないと思います)

 

 

おわりに

無自覚度が強く、自覚して対処する気もない人たちは、

「自分に都合よく現象を解釈して、それを守るために生きている」ように見えます。

 

前提は人それぞれですが、

 

・自分は愛されていて全ての出来事は自分のためにある

・自分は嫌われていて全ての人は自分に悪意を持って接してくる

・自分は仕事を完璧にこなさなければならない、だから人よりも働いて、人よりも真剣に働かねばならない

 

など、独自の偏った視点を前提に周りを見ていて、その結果、主観と客観の乖離が生まれるのだと思います。

 

それをどうするかは個人の自由ですが、自覚して対処したら、客観的な問題は減ります

(だからといって、自分自身の言動や行動の確認のために、ビデオカメラで撮影するぐらい、客観性にこだわらなくて良いと、私は思いますが)

 

客観的に正しい人間であるために生きているわけではないので、

他者の目を意識して、「客観的に変ではないこと」を目的に生きても仕方ありませんが、

主観で問題を感じていたり、人間関係に問題を感じているなら、

主観と客観の差が大きいということを自覚して、認知と行動の修正などを行えば、良い思います。

 

関連記事

原因については、こちらの記事の原因について、を参考にしてください

主観のチェックリストはこちらの記事

客観のチェックリストはこちらの記事



-発達障害の考察

Copyright© きょうのあさ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.